What's

RIDAL
DRESSER?

B

初めまして。私たちは、
” 私の専属美容師 ”というコンセプトでスタートしたブライダル専門ヘアメイクチームです。

ドレッサーの意味には、「鏡台」や「着飾る」などの他に「美容師(ヘアドレッサー)」という意味があります。

大切な1日には、特別なドレス、特別なアクセサリー、そして特別なヘア&メイクアップのコーディネートが必要不可欠。

ヘアメイクは、1日の最初から最後までを一番身近で見守る重要な役目であり、卓越した「ブライダルへの専門性」が欠かせないとわたし達は考えています。

大切な1日に相応しい華やかなドレスやヘアアクセサリーがあるように、ヘアメイクだって細かくこだわっていただきたい。本当に頼れるヘアメイクブランドになりたい。

そんな想いを込め、二人三脚で大切な花嫁姿を一緒に作り上げることをお約束いたします。

 

he
Story Of Our Work

About

T

私達はただのブライダルヘアメイクではありません。
魅力を最大に引き出し、花嫁様が自分らしく史上最高に輝くために、ウェディングドレス・小物・ヘア・メイクから成る"トータルドレスアップをかたちにすること"が重要です。


結婚式には、伝えたいテーマや、背景にある想い、世界観など、ドレスアップを始め、すべての一体感が大切。

しかし最初ので最後の結婚式では、どんなドレスが似合うか、アクセサリーがいいか、・・・自分のことは客観的に中々分からないものです。接客をさせていただく中で、本当に求められることは共通していることを知りました。

一緒にスタイリングをさせていただくメリットは、トータルのドレスコーディネートに寄り添ったアドバイスをさせていただけるところ。そして、当日安心感をもっていただけること。大切な一日に側で一番寄り添う私達だからこそ、頼りになる存在でありたい。

こだわりこそ、今のおふたりを表す等身大だと私たちは考えます。大切な人にキレイと言われること、こだわるって楽しいと思える気持ちやその気持ちを大切におふたりの未来に引き継いでいただくために。ドレスアップの楽しさを一緒に分かち合い、親身に寄り添うヘアメイクでありたいと考えています。

メディア掲載情報

1/3

1/2

1/3

1/3

2018.6.22

2018.6.28

2018.10.23

2018.11.7

ELLE mariage
No.33

CLASSY. 8月号

ゼクシィ. 11月号

​HOTEL WEDDING
No.38

エル・マリアージュ No.33
注目ヘアメイクとして
Mikaが掲載されました

クラッシィ8月号
職種別!崩れないメイク術
特集ページに
Mikaが掲載されました

ゼクシィ11月号綴じ込み付録
いつもの"好き"で
最高に可愛く♡
HAIR&MAKE BOOK 
「SWEET」を担当しました

ホテルウェディング No.38
結婚式当日の
本番ヘアメイク大実例!
にMikaが掲載されました

2020.3.5

​HOTEL WEDDING
No.42

ホテルウェディング No.42
ヘア&メイク 挙式&パーティー

最旬Styleを担当、

掲載いただきました

― 前撮りヘアメイク料金

TOKYO OFFICE
〒108-0023
東京都港区芝浦4-5-9 THE HARBOUR SHIBAURA 404
KYOTO Web OPEN!
2020.6.1  MY DRESSER 京都 OPEN.

撮影ヘアメイクプラン 予約受付け開始致しました

©MY DRESSER All Right Reserved 2018.

IMG_0483 2